東京パラリンピックの光と影

宮永 久人
大阪教区信徒、脳性マヒの障がい者
日本カトリック障害者連絡協議会(カ障連)元会長

  コロナ感染拡大が続く中にもかかわらず、この夏、オリンピックとパラリンピックが日本で開催されました。コロナ禍での開催の是非の問題もありますが、身体障がい者の当事者として、パラリンピックの光と影について、思ったことを記します。
 

  光の部分としてまず述べたいことは、障がい者の存在が大きくクローズアップされたことでしょう。障がいをもつアスリートたちの活躍によって、さまざまなところに光が当てられました。

  それと同時に、闇の部分で見るならば、オリンピック・パラリンピック全体が土建国家の公共事業と化していました。残された多くの建物の維持費や撤収費が膨大になると言われています。オリンピック・パラリンピック全体の経費の赤字を誰が清算するのか。負の遺産があることも忘れてはならないでしょう。
 

  それでも光の部分を見るならば、新国立競技場の建設の際、パラリンピック開催のため、さまざまな障がい者団体の意見を取り入れて、バリアフリーの建物となったことです。このバリアフリー化が、今後の競技場建築の模範的な基準になるだろうと言われています(NHKクローズアップ現代プラスによる)。

  余談になりますが、日本カトリック障害者連絡協議会(通称:カ障連)では、以前から、カトリック教会主催の大きなミサで、障がい者への配慮が足りないことをしばしば訴えてきました。例えば、2017年の高山右近列福式(大阪教区)の時などです。そのような努力もあってか、東京ドームでの教皇ミサ(2019年)では、かなり綿密な準備が行われました。事前にカ障連の役員が下見をして、会場責任者の電通と何度も打ち合わせを重ねました。下見に行って驚いたことは、東京ドームは約30年以上前の建物で、バリアフリーがあまりなかったことです。そのハンディからスタートして、何回も交渉を重ねて、種々の障がい者が満足して参加できるミサになりました。フランシスコ教皇が弱い者を特別に大事にしておられるのに、ふさわしいミサでした。

  30年前に比べると、現在のさまざまな建物にバリアフリーが施されているのはうれしい点です。最近改築が進む東京の駅でも、ホームドアや斜面エスカレーターの導入、点字ブロックもスマホで読み取れる案内バーコードが入り、車椅子にバリアを感じない高さのものが開発されています。
 

  真の闇として、心のバリアフリー化がまだまだということでしょう。パラリンピックは参加することに意義があると思っていますが、あからさまな勝利主義を標榜していた選手たちを快く思っていませんでした。オリンピックのもつ序列主義・能力主義の根には、古代ギリシャの優生思想があります。優生思想とは、優れた者だけに生きる価値があり、劣った者は生きる価値がないという考え方です。津久井やまゆり園の障がい者を殺害した相模原障害者施設殺傷事件の犯人である植松聖はこの思想の持ち主と言われています。この思想の根は深く、アテネの偉大な哲学者であるプラトンは『国家』という哲学書の中で、優生思想を露骨に述べています。古代ギリシャの人びとに優生思想があったのは確かです。

  もちろん光の部分もあります。脳性マヒ障がい者である私がもっとも心惹かれたのはボッチャでした。私と同じ、それぞれの国で偏見を持たれやすい脳性マヒをもつ選手たちが世界各地から集まり、競技に没頭していました。そこには国籍や勝敗を超えて共感するものがありました。日頃偏見を持たれている脳性マヒ者が、各国において人間として遇されるようになる契機となりますように。
 

  別の光の面ですが、私は言語障がいがあり、日頃から手話を使っています。開会式で多くの障がい者が入場してくる姿にも心打たれるところがありました。その開会式と閉会式の中継をNHK教育テレビでは、すべて手話通訳付きで行ったことも新鮮でした。手話を使う支援者の方から、とても分かりやすいと評判がよかったです。

  これも余談ですが、最近、コロナについての政治家の記者会見を見るようになりましたが、横で手話通訳者の姿を見かけるようになったのもよかったことです。ちなみにカ障連の仲間の手話通訳者もテレビで時々見ることができ、うれしくなりました。
 

  最後に闇の側面ですが、オリンピック・パラリンピックには常に国家主義がつきまといます。近代オリンピック以降、権力者の権力誇示や国威の発揚に利用されてきました。メダルを何個取るかで国家の宣伝をするのは馬鹿げています。また、オリンピックなど国際的な大会をとおして、愛国心を煽るような風潮にも疑問を感じています。国家主義を掲げ、天皇制国家への回帰を目指す政権の思惑には乗らないようにしたいと思います。


 

*お断り*

  この原稿は、宮永氏が現在寝たきりで自力で長い文章を記すことができないため、英隆一朗神父(カ障連協力司祭)が要旨を受けとり、加筆修正を加えたものです。
 

【写真①】 2019年11月25日、東京ドームでの教皇ミサ
【写真②】 聖イグナチオ教会で配信しているミサ映像には、極力字幕や手話通訳を付けている
【写真③】 同教会の前には、秋が深まった今なお、TOKYO 2020大会の残滓が見られる

 

『社会司牧通信』第220号(2021.10.15)掲載

Comments are closed.