この夏の経験から

光延 一郎 SJ
イエズス会社会司牧センター長

イエズス会東アジア大洋州の社会使徒職年次集会

  今年の夏の間、私はいろいろな場所で集まりに参加しました。まず8月18日~22日には、フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学で開催された、イエズス会東アジア大洋州の社会使徒職年次集会へ。今年のテーマは“Social Entrepreneurship (社会的起業)”。つまり、貧しい人々が互恵的なコミュニティをつくって、互いに助け合って生きていくという試みについてでした。東南アジアでは、農村でも、都会の貧しい街でも、武者小路実篤の「新しい村」のようなコミュニティや「村大学」などの学びの場をつくったり、信用組合活動をしたり、端切れで素敵な製品をつくるなどの試みが当たり前に行われていました。
  私たちは体験学習として、一日、バスでマニラの隣のAngat県、Bulacanにある“Enchanted Farm”という村やQuezon CityのPayatasという貧しい人々が多く住む地域の女性たちが組織するRags2Riches Cooperativeを訪ねました。そこでアテネオ・デ・マニラ大学の卒業生がサポートして企業を軌道に乗せたり、「村大学」で少年少女が英語を身に着け、将来の準備をしたりしている姿を見てきました。
manila
  「起業」といっても、そのめざすところは、たんに利益を得るだけではなく、人々が協力し合って福音的なコミュニティをつくっていくことにあります。人間が幸福になっていくためには、そういう交わりが不可欠なのだとあらためて思います。日本では、市場はすべて大企業にコントロールされきっており、こういう企ての持続可能性には懐疑的な目が向けられがちですが、それぞれの地域で人々と共に地道に活動しているイエズス会員の報告を聞き、また実地見学を通して、“Social Entrepreneurship”は、私のうちで「知らない言葉」から「これこそ希望だ!」に変わってきました。

日本カトリック正義と平和協議会全国集会

  次に、9月13日~15日には、福岡で開催された日本カトリック正義と平和協議会の第38回全国集会「2014福岡大会」に参加しました。「いのちを大切にする社会をめざして」とのテーマで、延べ2000人もの人々が集まり、平和と正義についての信仰の視点を養いました。

  初日は、ゲストとして迎えられた韓国のカン・ウィル司教様(済州教区・韓国カトリック司教協議会会長)の基調講演でした。カン司教は初めに、300人もの人々、とくに修学旅行の高校生が犠牲になった4月のフェリー事故で明らかになった、国民の安寧に対する政府の無責任さやずさんな対応について話されました。また日本による植民地化と南北のイデオロギー対立による悲劇の歴史を負い、そして今リゾート地として美しい自然が愛される島であるチェジュ(済州)島に建設されようとしている海軍基地に対して、当地の司教として、自ら反対運動の先頭に立っておられることを話されました。この海軍基地建設には韓国カトリック教会が一体となって反対運動を展開しており、各教区の司祭やシスターが当番で派遣されて村人たちを励ましています。イエズス会韓国管区も、建設工事現場の正面ゲート近くに家を借り、3名の会員が常駐しています。カン司教は、そこから「国家」というものが絶対的存在として神聖視され、人々に犠牲を強いるのが当たり前になっていることに疑問を呈され、キリスト者には、むしろ国家を超えたイエス・キリストの「神の国」を目に見えるようにしていく務めが求められていることを話されました。
fukuoka01
  福岡での2日目、分科会では、私は佐賀県の玄海原発見学に参加しました。九州電力は、鹿児島の川内原発とともに、この玄海原発の再稼働を画策しているようです。これに対してすでに50年間も原発反対運動を続けている地元・東光寺のご住職、仲秋喜道師のお話をうかがいました。メディアが報じない地元のさまざまな理不尽な出来事についてお話を聞きながら、結局、原発は地域を疲弊させるだけであり、人々の安らかな暮らしとは相いれないものであることをあらためて確認しました。genkai

  これと関連して、今回の正平協全国集会では、2011年11月に発表された日本カトリック司教協議会によるメッセージ『いますぐ原発の廃止を~福島第1原発事故という悲劇的な災害を前にして~』を具体化させるために、「平和のための脱核部会」とカトリック脱原発ネットワークが立ち上げられました。
fukuoka02

チェジュ島・カンジョン平和会議・平和大会

  最後に9月26日~28日に開催された、当社会司牧センターとは姉妹関係にある韓国イエズス会の人権連帯センター、およびチェジュ教区が主催する、「カンジョン平和会議・平和大会―あなたから平和が始まる」は、たいへん感動させられた集まりでした。2週間前に福岡でお会いしたカン・ウィル司教が、今回はホストです。日本からも谷大二司教が参加され、チェジュ島とよく似た地政にある沖縄の問題について、とくに辺野古や高江での基地反対運動の意味は、平和憲法があるにもかかわらず安保条約と日米行政協定によって米国が日本と沖縄を実質植民地支配している現実、またその構造的差別を脱却することだと語られました。

  また、カトリック信者として、カトリック労働者運動のメンバーでもある、米国の平和活動家ミシェル・オベデ(Michele Naar-Obed)氏が「信仰に基づいた実践行動」について話しました。彼女は、信仰をベースとした自分の体験について「世界の変化を志向する非暴力平和運動とは、常に聖霊において招かれ、聖霊の中を歩む道だ」とし、「平和とは、争いのない状態ではない。葛藤は常にあり、それとたたかい続けねばならないが、その方法が重要である。それを継続させることができる力は信仰から来る。そして、最も切迫して絶望的な状況の中で神に会うことになった」と体験を分かち合ってくれました。
  彼女は、武力を背景とする「パックス・アメリカーナ」という状態も、いつかは崩れていくだろうが、そこで重要なのは、崩れたその場に何が建てられるかだと指摘しました。それは、カン司教が言われたイエス・キリストの「神の国」でしょう。その点で、この「カンジョン平和会議・平和大会」では、祈りと語り合い、歌や詩、絵やダンスなど、人間を人間らしくする彩り豊かないのちの力で、軍艦や武器、権力や戦争という灰色の死の力に抵抗している人々の姿がとても印象的でした。海軍基地建設反対のためにたたかっているカンジョン村の人々を慰めるために、若者が結成した可憐なバンドの明るく、さわやかな自作の歌に合わせて、人々がともに歌い、踊り楽しみ、笑うなど、この集いに参加した人々の心の交わりと喜びの中に、私たちは平和を脅かす死の力に打ち勝っていると確信できました。
jeju

Comments are closed.