新着情報

2017年11月16日 【2017年度セミナー情報】
社会問題とカトリック教会の考え 2017年度連続セミナー「家庭における愛」
2017年度の「社会問題とカトリック教会の考え」連続セミナーは、全12回にわたって、
フランシスコ教皇の使徒的勧告『愛のよろこび』をもとに学んでいきます。

第11回目は、2017年12月6日(水) 18:30~20:00 ※例年よりも15分早まりますのでご注意ください。
テーマ:愛とケアの霊性
      〔『愛のよろこび』314-325番参照〕
講 師:原敬子さん(上智大学神学部助教)
会 場:四ツ谷駅すぐの麹町聖イグナチオ教会・アルペホール(信徒会館3階)
参加費無料・事前申込不要ですので、お気軽にお越しください。

※【重要!予定変更のお知らせ】
   第12回(12月20日)の講師が、ボネット神父からアイダル神父に変更になりました。

※使徒的勧告『Amoris Laetitia』の日本語訳『愛のよろこび』は、
  カトリック中央協議会より刊行されています。

2017年11月9日 「社会司牧通信」第196号をホームページに掲載しました。
⇒「社会司牧通信」ご購読のご案内は【こちら】

2017年10月26日 【ミッション・ステートメント】
イエズス会社会司牧センターの新ミッション・ステートメント
「信仰に基づく社会正義と和解の促進」を公開いたしました。

2017年8月2日 【2017年度連続セミナー動画】
2017年度連続セミナー「家庭における愛」 第6回目のようすを収めた動画を公開しました。
テーマ:「聖書における愛、夫婦の愛、家族、子ども」
講 師:佐久間勤神父(上智大学神学部教授)

◆2015年10月27日 【ブックレットのご案内】
『イエズス会の大学における正義の促進』

『イエズス会の大学における正義の促進』

 

イエズス会社会正義とエコロジー事務局から発行された同題名の文書が、この度、日本語訳のブックレットになりました。

このブックレットをご希望の方は、イエズス会社会司牧センターまでお知らせください。1冊実費300円(A5版/100ページ、送料別途)です。

ご希望の方は、こちらの【お問い合わせフォーム】をご利用ください。

 

 


社会司牧通信最新号

 天然資源マネジメントにおける和解と正義 / 中井 淳 SJ
 生野オモニハッキョの40周年 ―地域での役割、コラボレーションの推移― / 阿部 慶太 OFM
 「危機」にあおられて独裁を招くのか―自民党改憲草案「緊急事態条項」を考える― / 伊藤 朝日太郎
 【証言】 済州四・三事件とわたしの家族 / 金 迅野

 

バックナンバーはこちら

購読のご案内はこちら


Facebookページ